デイリーディボーション 1月21日(火)

150.60.159.37誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 1月21日(火)

2020年1月21日(火)
テサロニケ人への手紙 第一  4:9 9兄弟愛については、何も書き送る必要がありません。あなたがたこそ、互いに愛し合うことを神から教えられた人たちだからです。10実にマケドニヤ全土のすべての兄弟たちに対して、あなたがたはそれを実行しています。しかし、兄弟たち。あなたがたにお勧めします。どうか、さらにますますそうであってください。
【ポイント】 ①「どうか、さらにますますそうであってください。」 企業の目的は利益の追求です。いかに健全な経済活動が行われ、社会に貢献し、社員に対する福利厚生が充実し、社内の人間関係が良かったとしても、他者との競争に勝利し、利益を上げることができない企業は存続することはできません。アマチュア、プロを問わず、スポーツのチームの目的も勝利です。いかに良いチームワークが実現していても、勝利を目的としていないチームは評価されませんし、永続的な活動は難しくなることでしょう。
しかし、教会はそうではありません。私たちにとって本当に重要なことは、キリストの命令である「神を愛すること」と「隣人愛」が実践されていることです。どのように建物が大きくても、どれほどたくさんの人が集まっていたとしても、キリストの命令についていい加減な教会は、その存在理由を失ってしまうのです。利潤の追求を目的にしなくなった企業が存続できなくなるとの同じで、「神を愛すること」と「隣人愛」を目的としなくなった教会は、その存在理由を失い、神様の目には空しいものとなってしまうのです。
コロサイ人への手紙3章 13互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。14そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。15キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。そのためにこそあなたがたも召されて一体となったのです。また、感謝の心を持つ人になりなさい。
「あなたは何のために召され一体となったのか?」という、私たちクリスチャンの使命(存在理由)について、決して忘れないようにしましょう。
ライフチャーチ 大谷 信道


side_worship side_info