デイリーディボーション 11月22日(水)

誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 11月22日(水)

2017年11月22日(水)

【通読】
マタイの福音書 26:36-46
36それからイエスは弟子たちといっしょにゲツセマネという所に来て、彼らに言われた。「わたしがあそこに行って祈っている間、ここにすわっていなさい。」37それから、ペテロとゼベダイの子ふたりとをいっしょに連れて行かれたが、イエスは悲しみもだえ始められた。38そのとき、イエスは彼らに言われた。「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここを離れないで、わたしといっしょに目をさましていなさい。」39それから、イエスは少し進んで行って、ひれ伏して祈って言われた。「わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように、なさってください。」40それから、イエスは弟子たちのところに戻って来て、彼らの眠っているのを見つけ、ペテロに言われた。「あなたがたは、そんなに、一時間でも、わたしといっしょに目をさましていることができなかったのか。41誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。」42イエスは二度目に離れて行き、祈って言われた。「わが父よ。どうしても飲まずには済まされぬ杯でしたら、どうぞみこころのとおりをなさってください。」43イエスが戻って来て、ご覧になると、彼らはまたも眠っていた。目をあけていることができなかったのである。44イエスは、またも彼らを置いて行かれ、もう一度同じことをくり返して三度目の祈りをされた。45それから、イエスは弟子たちのところに来て言われた。「まだ眠って休んでいるのですか。見なさい。時が来ました。人の子は罪人たちの手に渡されるのです。46立ちなさい。さあ、行くのです。見なさい。わたしを裏切る者が近づきました。」

【ポイント】
①キリストの「人性」を理解する。
イエス・キリストは「神としての性質(神性)」と「人間としての性質(人性)」の両方を持ち合わせていたというのが正統的なクリスチャンの理解であるとされています。しかし、「神性」と「人性」がどのような形で共存していたのかについては、様々な神学的な議論があるようです。

私自信は、このような難しい問題について「分からない」または「分からなくて良い」という立場を取ります。例えば、私は、神様が全宇宙を創造されたと信じていますが、それがどのような方法、仕組みで行われたかについては、私(人間)の理解をはるかに越えたものであり、到底理解することはできないだろう考えます。ですから、私は創造論者でも、進化論者でもありません。神様の創造を信じる者、神様の御業は私たちの理解、認知をはるかに越えたものであると考える者です。

イエス・キリストの「神性」と「人性」の議論も同じです。「神性」が神の100%の純粋さ、聖さだとすれば、そこに「人性」という不純物が入り込めば、それはもはや神としての性質を失うことになるわけです。つまり、理論上「神性」と「人性」は相矛盾するもので、共存も融合もするはずのないもののはずなのです。しかし、聖書の記述によると、イエス・キリストは「神としての性質」と「人としての性質」の両方を持ち合わせていたことが分かります。今日の箇所を読めば、ほとんどの人がイエス様は肉体的、人間的な弱さ(人間らしさ)を持ち合わせていた人物であると感じることでしょう。そして、ある人は「それでは、イエスは神ではなかったということですね。」と結論付けるかもしれません。

しかし、そうではないのです。人間の小さな頭で「神性」と「人性」は融合するはずがないと思い込んでいるだけで、まことの神様はそれが可能なのです。むしろ、神様は、人間が神様について正しく理解するためには、「人の形をとったご自身」「肉体を持ったご自身」が必要であると考えられたのです。「神性」と「人性」の共存は偶然の産物ではなく、私たちの理解を越えた神様の積極的な啓示方法だったのです。

イエス様に人間的な弱さを見出したからと言って心配する必要はありません。それこそが神様の計画だったからです。

1ヨハネ1:1
「1初めからあったもの、私たちが聞いたもの、目で見たもの、じっと見、また手でさわったもの、すなわち、いのちのことばについて、」 ピリピ2:6-8
「6キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、7ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現われ、8自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。」 ヘブル2:18
「18主は、ご自身が試みを受けて苦しまれたので、試みられている者たちを助けることがおできになるのです。」
ヘブル4:15
「15私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。」

ライフチャーチ
大谷信道


side_worship
side_info