デイリーディボーション 12月21日(木)

誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 12月21日(木)

2017年12月21日(木)

【通読】
マタイの福音書 28:20
20また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」

【ポイント】
①関係性に始まり、関係性に終わる
私たちの信仰の本質は愛の関係にあります。つまり、「神様の愛」と「私たちの神様への愛」が交差する所に信仰が生まれるのです。

天の父が御子を地上に遣わすだけでなく、御子を私たちの罪の贖いの犠牲とされたことによって、私たちは天の父の私たちに対する愛を知ることができます。さらに、イエス様が復活されたことにより、イエスがただの人間ではなく、神の御子であることを知ることができました。私たちはこれらの出来事によって、天の父、御子の私たちに対する愛を知るのと同時に、天の父が今も生きて働かれ、旧約聖書の記されている通り、絶対的な権威と力を持っていることを知ることができたのです。

マタイの福音書の最後の3節にも、この事実がはっきりと表れています。18節で「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。」と宣言された方は、遠いところから私たちを見下ろし、気が向いたときに私たちの祈りに耳を傾けるような傲慢で、気まぐれな神ではなく、「見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」と約束して下さる、愛に満ちた方なのです。

私たちは、絶対的な権威を持ちながら、私たちのためにいのちを捨てて、最後までともにいて下さる方を自分の「主」とすることができるのです。神様はその関係を「愛」と呼ばれているのです。神様が私たちに求められているのは、この愛の関係であることを絶対に忘れてはなりません。

ライフチャーチ
大谷信道


side_worship
side_info