デイリーディボーション 2月20日(火)

誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 2月20日(火)

2018年2月20日(火)

※週報がアップデートされていませんでした。今週の箇所は下の通りです。
(月) 7:24-25(火) 8: 1- 3(水) 8: 4- 6
(木) 8: 7- 8(金) 8: 9-11(土) 8:12-13

【通読】
ローマ人への手紙 8:1-3
1こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。2なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。3肉によって無力になったため、律法にはできなくなっていることを、神はしてくださいました。神はご自分の御子を、罪のために、罪深い肉と同じような形でお遣わしになり、肉において罪を処罰されたのです。

【ポイント】
①これが「福音・良い知らせ」
人間は一人の例外もなく「罪」を持っています。しかし、昨日も学んだように、多くの人が自分の罪深さを正しく認識することについて「中途半端」なのです。とはいえ、イエス・キリストの福音を知らない中で、自分の自己中心性、エゴに真剣に向き合い。自分に絶望した際に、そこには救いがないので途方に暮れ、生きる気力を失ってしまうかもしれません。

しかし、福音を聞いたことがある人はそうではありません。自分に絶望した先に、天の父の愛、赦しがあることを知っているからです。まさに、ルカの福音書の放蕩息子と同じですね。彼が自分の罪に絶望した時に、自分には帰るべき場所があることに気がついたように、福音を聞いたことがある人も、罪の深刻さに途方に暮れるときに、天の父のところに帰れば良いことに気づくのです。

私たちクリスチャンも同じです。私たちは今日の箇所にある通り、イエスキリストを信じ、愛する信仰によって「罪と死の原理」から解放されています。天の父がご自分の御子を罪のためのいけにえとして犠牲にされたからです。ですから、私たちは自分の赦されたもの(負債)の大きさ知る責任があるのです。もし、神様の愛の深さ、赦しの大きさを知りたいのであれば、自分の罪の大きさを知ればよいのです。自分の罪の深刻さを知れば知るほど、神様の愛の深さ、赦しの大きさを肌感覚として実感できるからです。「あなたの免除された負債は100円でした。」と言われるのと、「あなたはの免除された負債は100億円でした」と言われるののどちらに喜びを感じるでしょうか。当然、後者ですね。ですから、既に罪の赦し、救いを得ている私たちクリスチャンこそ、自分の罪深さと徹底的に向うことが大切なのです。でないと、赦された負債の大きさ知らないとしたら、せっかく赦してくださった神様に対して申し訳ないですよね。

ライフチャーチ
大谷信道


side_worship
side_info