デイリーディボーション 4月12日(木)

150.60.159.37誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 4月12日(木)

2018年4月12日(木)

【通読】
ローマ人への手紙 12:4-5
4一つのからだには多くの器官があって、すべての器官が同じ働きはしないのと同じように、5大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。

【ポイント】
①やはり「キリストのからだ」の話だった
「キリストにあって一つのからだ」とは教会のことです。つまり、ローマの教会の中には異邦人クリスチャンやユダヤ人クリスチャンなど、生まれ育った背景、習慣、文化が異なる人たちがいました。しかし、これまでの学びで、教会の中で不和、不一致、争いがあったことが分かりました。繰り返しになりますが、パウロはそのような人々が互いに自分を誇ったり、相手を見下したりすることがあってはならないことを教えるために「キリストの恵み」について詳しく教え、「キリストの恵み」によって一致するように命令しているのです。「信仰による義」「恵み」などの教理的な教えは、教会のメンバーが互いに受け入れ合い、赦し合い、愛し合うという神様のみこころを実践するために根拠だったのです。

いかに自分が聖書の教理、神学、ヘブライ語やギリシャ語に精通していると自負していても、自分が霊的な礼拝者でり、霊的な賜物も豊かに与えられている思っていても、自分の教会、家庭でキリストにある愛の一致がなければ、一致のために熱心に取り組んでいるのでなければ、それらは虚しいものであることを知らなくてはなりません。

ライフチャーチ
大谷信道


side_worship side_info