デイリーディボーション 4月27日(土)

150.60.159.37誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 4月27日(土)

2019年4月27日(土)
マルコによる福音書 4:24-25 24また彼らに言われた。「聞いていることによく注意しなさい。あなたがたは、人に量ってあげるその量りで、自分にも量り与えられ、さらにその上に増し加えられます。25持っている人は、さらに与えられ、持たない人は、持っているものまでも取り上げられてしまいます。」
【ポイント】 ①イエス様のみことばを「よく考える」 「聞いていることによく注意しなさい。」は「注意深く聞きなさい。」という意味ではありません。もちろん、注意深くイエス様のみことばを聞くのですが、大切なことは「注意深く聞いたこと」について「よく考える」ことなのです。イエス様のみことばに熱心に耳を傾けていたとしても、もしその熱心さが自分の求めていることばを聞きたいという欲求から出ているものだとしたら、それはイエス様の求めている聞き方ではないのです。イエス様は、聞く者がイエス様が伝えたいと思っていることを深く理解することを求められているのです。「イエス様の願い」と「自分の願い」のどちらを大切にしているのか、私たちはみことばを聞くときに常に自分の心をチェックすることが大切なのです。
次にイエス様は、自分の欲求を満たすことには熱心な人に共通する別の特徴を挙げています。それは他人に与えることには消極的であるという特徴です。おそらく、当時の社会に、人に多く与える寛大な人ほど、結果的に裕福になり、自分の利益ばかり求める人は貧乏になってしまうという、共通の理解があったのでしょう。イエス様はその一般常識が霊的な領域においても真理であることを教えられたのでしょう。つまり、自分の欲求を満たすことだけに熱心な人は、霊的な領域でも祝福を受け損ねてしまうということです。
この真理は現代においても変わることはありません。自分の欲求を満たすこと、自分の心が満たされることには熱心だけれども、イエス様の計画の実現のために自分自身を献げようとしない人、キリストのからだである教会の建て上げに貢献しようとしない人は、神様が用意されている祝福を味わい損ねている可能性があるのです。ですから、私たちも「聞いていることによく注意」することが大切なのです。
ライフチャーチ 大谷信道


side_worship side_info