デイリーディボーション 5月12日(土)

誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 5月12日(土)

2018年5月12日(土)

【通読】
ローマ人への手紙 15:6
6それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。

【ポイント】
①「聖書の与える忍耐と励まし」から希望を得る その3
この6節こそが、神様の計画のゴールであり、すべての目的です。「互いに愛し合うこと」は、イエス様の命令であり、私たちが日々取り組むべき課題です。しかし、その先にある最終的なゴールは、イエス・キリストを信じる者が「心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえる」ことです。

神様はいくら形が整っていたしても、礼拝者の群れが愛の一致を求める者たちでなければ、その礼拝を喜ばれることはありません(イザヤ1章、アモス5章)。しかし、それは、愛の一致が完成しているという意味ではありません。現実として、愛の一致が完璧に実現している教会の群れは地上に存在しないからです。しかし、自分たちの愛の不完全さを知りながら、その不完全さを認め、悔い改めながら、諦めることなく、キリストにある愛の一致を求めながら礼拝することは可能なのです。詩篇51篇を見てみましょう。

「1神よ。御恵みによって、私に情けをかけ、あなたの豊かなあわれみによって、私のそむきの罪をぬぐい去ってください。2どうか私の咎を、私から全く洗い去り、私の罪から、私をきよめてください。3まことに、私は自分のそむきの罪を知っています。私の罪は、いつも私の目の前にあります。・・・16たとい私がささげても、まことに、あなたはいけにえを喜ばれません。全焼のいけにえを、望まれません。17神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。」

ライフチャーチ
大谷信道


side_worship
side_info