デイリーディボーション 6月18日(月)

誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 6月18日(月)

2018年6月18日(月)

コリント人への手紙 第一 3:8-9
8植える者と水を注ぐ者は、一つですが、それぞれ自分自身の働きに従って自分自身の報酬を受けるのです。9私たちは神の協力者であり、あなたがたは神の畑、神の建物です。

【ポイント】
①パウロ(神様の)のビジョンを知る
ローマ人への手紙でも繰り返し学んできましたが、パウロのビジョン(使命)はキリストのからだ、神の建物、神の畑である「教会の建て上げ」です。もちろん、そこには宣教・伝道も含まれていることは言うまでもありません。別の言い方をすれば、パウロは自分が有名になること、自分が人気者になること、自分の思想・哲学を出版することなどのには全く興味ななかったということです。パウロは純粋に神様から与えられている使命を「神の協力者」として全うしたいと思っていたのです。

ですから、パウロそして神様の最大の関心事は「教会の成長」だということです。しかも、成長を成し遂げてくださるのは「神様」ご自身であり、それに協力する者が、この世的に人気があるか否かは全く重要ではないということです。パウロの役割は、自分を宣伝することではなく、人々がイエス・キリスト、そして天の父と直接つながる者となる助けをすることであり、つながった者たちがキリストの愛によってキリストの体である教会を建てあげていく助けをすることなのです。

あなたはこのパウロのビジョンの一部になっているでしょうか?キリストのからだの建て上げに自分自身がどのように関わっていくことができるのかを考えてみましょう。

ライフチャーチ
大谷信道


side_worship
side_info