デイリーディボーション 6月4日(火)

150.60.159.37誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 6月4日(火)

2019年6月4日(火)
マルコによる福音書 8:27-30 27それから、イエスは弟子たちとピリポ・カイザリヤの村々へ出かけられた。その途中、イエスは弟子たちに尋ねて言われた。「人々はわたしをだれだと言っていますか。」28彼らは答えて言った。「バプテスマのヨハネだと言っています。エリヤだと言う人も、また預言者のひとりだと言う人もいます。」29するとイエスは、彼らに尋ねられた。「では、あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」ペテロが答えてイエスに言った。「あなたは、キリストです。」30するとイエスは、自分のことをだれにも言わないようにと、彼らを戒められた。
【ポイント】 ①「キリスト」≠「救い主」 「あなたはイエスを誰だと思いますか?」という質問は福音書を読むすべての人に向けられる質問です。中には「『えっ、あなたはイエス・キリストを信じますか?』じゃないんですか?」と疑問に思うクリスチャンの方もいらっしゃるでしょう。もちろん、信仰決心を促す質問も大変重要なものです。しかし、その質問に答える際に最も重要なポイントは「信じますか?」ではなく「キリスト」の部分なのです。この部分を間違えてしまうと、あなたがどんなに熱心に信じたとしても、その信仰は「的外れ」になってしまうからです。
「あなたはイエスを誰だと思いますか?」という質問に、多くのクリスチャンは「救い主」と自動的に答えるかもしれません。「キリスト=救い主」と教えられているケースが多いからだと思います。もちろん、イエス様は間違いなく私たちを罪とその報酬である永遠の死、永遠のさばきから救い出してくださる方です。しかし「キリスト」というタイトル(呼び名は)、「私たちを助けてけれる方」「天国に連れて行ってくださる方」だけを意味しているわけではありません。(キリスト(メシア)の語源、歴史などについてはいつか触れる機会を持ちます。)
新約聖書で「キリスト」というタイトルで呼ばれている方は、「支配、権威、権力、主権の上」に立たれている方、「すべての名の上に高く」おかれている方(エペソ1:21)、「万物の創造者」「万物の所有者」(コロサイ1:16)、「万物の支配者」(黙示録1:8)であり、「愛」(ヨハネ13:1)の方でもあるのです。つまり、私たちの「イエス・キリストを信じます」という告白は、イエス様の支配、権威、権力、主権、愛を認め、喜び、受け入れ、従い、この絶対的な方を愛することを意味しているのです。
この理解がないときに、私たちとイエス様の関係がどうなってしまうのかを、明日ペテロの失敗から学びます。
ライフチャーチ 大谷信道


side_worship side_info