デイリーディボーション 9月11日(火)

誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 9月11日(火)

2018年9月11日(火)

コリント人への手紙 1cor 14:23-25
25ですから、もし教会全体が一か所に集まって、みなが異言を話すとしたら、初心の者とか信者でない者とかが入って来たとき、彼らはあなたがたを、気が狂っていると言わないでしょうか。24しかし、もしみなが預言をするなら、信者でない者や初心の者が入って来たとき、その人はみなの者によって罪を示されます。みなにさばかれ、25心の秘密があらわにされます。そうして、神が確かにあなたがたの中におられると言って、ひれ伏して神を拝むでしょう。

【ポイント】
①パウロの指示に従う
イエス様は異言、その取り扱いについて一切言及されていません。ですから、パウロの教えが唯一の聖書の教えとなります。ですから、パウロの教え、指示に注意深く聞き、それに従うことが大切です。異言の賜物が与えられているメンバーがいる教会では、パウロのインストラクションを忠実に守らなければ、聖書に不忠実なな教会となってしまいます。神学校じだいに訪問したある教会では、礼拝中に「それでは皆で祈りましょう!」という司会者の促しのあとに、多くの人が大きな声で異言で祈り始める教会がありました。残念ながら、そのような異言の用い方は明らかにパウロの教えを無視するものです。なぜなら、今日の箇所でパウロは、教会の集まり(礼拝)では、異言を用いるべきではないと明確に指示しているからです。

御霊の賜物は良いものです。しかし、良いものであっても正しい秩序のなかで用いなければ、教会にとっては有害なものなのであることを私たちは知らなくてはならないのです。「あなたの感謝は結構ですが、他の人の徳を高めることはできません。」(14:17)

ライフチャーチ
大谷信道


side_worship
side_info