デイリーディボーション 9月12日(水)

誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 9月12日(水)

2018年9月12日(水)

コリント人への手紙 1cor 14:26
26兄弟たち。では、どうすればよいのでしょう。あなたがたが集まるときには、それぞれの人が賛美したり、教えたり、黙示を話したり、異言を話したり、解き明かしたりします。そのすべてのことを、徳を高めるためにしなさい。

【ポイント】
①パウロの指示に従う
「そのすべてのことを、徳を高めるためにしなさい。」耳にタコができるぐらい聞いてきたフレーズですね。賜物の種類でも大きさでもありません。神の家族、キリストのからだ、キリストの群れである教会の徳が高められること、つまり愛の実践による健全さが高められることなのです。

超一流のソリストが集まったとしてもそれだけで素晴らしオーケストラになることはできません。個人技に秀でた選手が集まったとしても、サッカー、バレーボールなどの団体競技で良い結果を残せるわけではありません。もちろん個人の能力、技を磨くことは極めて重要です。しかし、それだけでは良い楽団、チームになることはできないのです。

教会も同じなのです。信仰決心は個人的な決意と信仰に基づくもの、キリストのとの一対一の関係の中で与えられるものです。しかし、神の子とされた私たち、イエス様の群れに迎えられた私たちが神様から求められている歩みは、個人としての歩みだけでなく、「からだ」「家族」「群れ」としての歩みなのです。

教会の徳を高める歩みは、クリスチャン生活のオプション(してもしなくても良いもの)ではありません。教会の徳を高めることは、私たちの使命なのです。

コロサイ3:15
「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。そのためにこそあなたがたも召されて一体となったのです。また、感謝の心を持つ人になりなさい。」 エペソ 4:1-3
1さて、主の囚人である私はあなたがたに勧めます。召されたあなたがたは、その召しにふさわしく歩みなさい。2謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互いに忍び合い、3平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保ちなさい。

ライフチャーチ
大谷信道


side_worship
side_info