デイリーディボーション 11月25日(月)

150.60.159.37誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 11月25日(月)

2019年11月25日(月)
コロサイ人への手紙  2:9-10 9キリストのうちにこそ、神の満ち満ちたご性質が形をとって宿っています。10そしてあなたがたは、キリストにあって、満ち満ちているのです。キリストはすべての支配と権威のかしらです。
【ポイント】 ①キリストの支配と権威に従う 当たり前のことですが、教会内での異端の問題、教会が不健全な状態に陥る一番の原因は、キリストの支配と権威を受け入れる人が少なくなることにあります。教会は「キリストのからだ」であるわけですから、からだの一部である私たちが「かしら」を認めなくなれば、その部分は「不随」「麻痺」状態になってしまうのです。
ほとんどのクリスチャンは「自分はイエス・キリスト信じている。」と思っているので、「キリストはすべての支配と権威のかしらです」というパウロのメッセージを聞いても、それに反対する人はいないでしょう。それゆえに、「自分は本当にキリストの支配と権威に従っているのだろうか?」と疑問に思い、自分自身や自分の教会の実際の姿についてメスを入れる人が少ないのです。
昨日の礼拝説教でも学びましたが、現代の教会全体を見渡すと、イエス様のみことばを無視しているかのような状況をたくさん見ることができます。「私たちは正当なキリスト教会です」と謳っている教会の中で、イエス様、パウロや使徒たちが見たら目を丸くして驚くであろうこと、怒りを覚えるのではないかと思われることを、私たち信徒たちが何の疑問も感じずに行っている可能性があるのです。
皆さんが大好きなキリスト教会の伝統、習慣もあることでしょう。しかし、欧米で育まれた「キリスト教文化」が必ずいかに魅力的に見えても、それらが必ずしも「聖書的」であるわけではないことを知らなくてはなりません。多くの宗教では伝統の継承が信仰の一部と考えられ、伝統を変えることは不敬虔、不信心と信じ込んでいる人が多いのです。しかし、キリストのみことばを聞く者は、信仰とはそのようなものではないことを知っているはずなのです。ですから、キリストの支配と権威を認めるがゆえに、止めなければならない伝統や習慣もあるのです。私たちクリスチャンにとって本当に大切なことは一つしかないのです。まずは、その一つを大切にしましょう。
マルコ 7章13節 「こうしてあなたがたは、自分たちが受け継いだ言い伝えによって、神のことばを空文にしています。そして、これと同じようなことを、たくさんしているのです。」
コロサイ2章8節 あのむなしい、だましごとの哲学によってだれのとりこにもならぬよう、注意しなさい。それは人の言い伝えによるもの、この世の幼稚な教えによるものであって、キリストによるものではありません。
ルカ10章41-42節 41主は答えて言われた。「マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。42しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。」
ライフチャーチ 大谷信道


side_worship side_info