デイリーディボーション 12月24日(木)

150.60.159.37誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 12月24日(木)

2020年12月24日(木)
ペテロの手紙第一 2:16-17 16あなたがたは自由人として行動しなさい。その自由を、悪の口実に用いないで、神の奴隷として用いなさい。17すべての人を敬いなさい。兄弟たちを愛し、神を恐れ、王を尊びなさい。
【ポイント】 ①自由人として「証し」を立てる 家庭、学校、職場などでクリスチャンとしての「証し」を立てることに躊躇(ちゅうちょ)を覚えてしまう人は「神の愛」と「キリストの自由」によって生きているのではないことを知りましょう。
私たちクリスチャンが生活の場で「証し」を立てながら生きるか否かは、私たちの「自由」です。ですから、キリストを愛する人は自分の自由な意志からキリストを証しすることを選ぶのです。証しを立てる生活をしないことに神様からの罰が下ることを恐れてでも、教会や周りのクリスチャンからのプレッシャーを感じてでもありません。私たちは神様の愛によって動かされる自由人なのです。
しかし、そこにチャレンジと葛藤があるのです。キリストの愛に動かされる自由人として歩むためには、キリストの愛の価値を知り、キリストの愛に満足し、キリストを誰よりも愛している状態であることが不可欠です。別の言い方をすれば、キリストとの愛の関係が日々強められているような歩みが必要だということです。ただ、地上には私たちをキリストの愛から離そうとする誘惑が常にあるのです。キリストを一番にすることよりも、自分が気持ちよく、幸せを感じられるかのように見えるものがたくさんあるのです。
ですから、私たちクリスチャンが取り組むことは多くないことを知りましょう。まずは、キリストとの愛の関係を日々深めて行けるようなライフスタイルを確立していくことです。その中心は、聖書のみことばに聞くことです。みことばを抜きにしてキリストとの愛の関係を深めることは不可能です。なぜなら、神様はキリストを通してご自身を愛を明らかにされたということが聖書に書いてあるからです。イエス様はそれを「真理」と呼ばれました。
ヨハネの福音書8章32節 「32そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
ライフチャーチ 大谷信道


side_worship side_info