デイリーディボーション 2月15日(木)

誰でも気軽に集える、明るく、カジュアルな雰囲気の教会です。

デイリーディボーション 2月15日(木)

2018年2月15日(木)

【通読】
ローマ人への手紙 7:15-17
15私には、自分のしていることがわかりません。私は自分がしたいと思うことをしているのではなく、自分が憎むことを行なっているからです。16もし自分のしたくないことをしているとすれば、律法は良いものであることを認めているわけです。17ですから、それを行なっているのは、もはや私ではなく、私のうちに住みついている罪なのです。

【ポイント】
①律法は良いもの
「イエス様の福音」が旧約聖書と矛盾することは絶対にないことをこれまで何度も確認してきましたね。マタイ5章18節でイエス様が「18まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。」と教えられているからです。

にもかかわらず、クリスチャンの中には律法の役割を軽視する人が少なくありません。もちろん、律法は神様とイスラエルの民の間で交わされた契約です。「27主はモーセに仰せられた。『これらのことばを書きしるせ。わたしはこれらのことばによって、あなたと、またイスラエルと契約を結んだのである。」(出エジプト34:27)ですから、律法は私たち異邦人を直接的に縛るものではありません。しかし、先日学んだように、異邦人である私たちも、律法から「神様の聖さ」「神様の義」「神様の愛」をはっきりと知ることができますし、律法を自分に当てはめれば、「自分の罪」についてはっきりと知ることができるのです。異邦人である私たちも、自分の罪の深刻さを自覚し、悔い改め、神様に罪の赦しを求め、イエス・キリストが救い主であると知るようになるためには「律法」が必要なのです。

この世においては、律法以上に明確に自分の罪深さ、問題点について掘り下げてくれる人物、書物に出会うことはほとんどないでしょう。しかし、救いの道が用意されているわけですから、私たちは自分の罪深さについて徹底的に掘り下げ、自分の問題点について徹底的にメスを入れることができるのです。超高性能なCTやMRIは通常のX線や超音波の画像では発見することができない病気の原因を見つけることができます。同じように律法は超高性能な戒めなので、私たちのここに巣食う死をもたらす罪の問題を明らかにしてくれるのです。問題が明らかになれば、イエス・キリストという解決策に身を委ねるだけなのです。ですから今日パウロが教えている通り、律法は良いものなのです。

ライフチャーチ
大谷信道


side_worship
side_info